ニュース

新緑の奥地

 鬼怒川温泉から川治ダム、黒部ダムを過ぎて、栗山庁舎から1kmくらい先にある開運橋という縁起の良い名前の橋を渡り、3~4km登ったり下ったりすると三沢という沢があります。そこで砂防工事の仕事を25tラフターと16tラフターがしています。


 最近はゲリラ豪雨や線状降水帯等の大水の影響もあり、数年で土砂が溜まる砂防ダム。下流で暮らす多くの人々が安全に生活するためにも、山岳の治山工事が今後ますます重要になることでしょう。

«

ページトップへ