ニュース

風車の解体


 宇都宮市内の風車を解体するということで、220tオールテレーンクレーンが出動!組立用のクレーンは増山貨物さんの100tラフタークレーン。


 当初は3枚の羽根を取り外してから本体部分を吊り上げる予定でしたが、壊れた風車は回転しないため羽の取り外しが困難ということで、重量にも余裕があるのでそのまま吊上げました。小型の風車でしたが、地上に降りてくると意外に大きくてビックリでした。
 平野の公園に設置されていて、それほど風も吹かず発電量は少なかったと思われ、新しい風車は設置しないようです。
 やっぱり今後の風力は洋上が主流になるのでしょうね。

«

ページトップへ