ニュース

少し落ち着いたコロナ

 9月はコロナウイルスが小康状態のせいなのかコンテナの問い合わせが急増しました。今回は鹿沼市内に搬入です。下屋の下に入れる作業です。



 ユニックで荷卸した後、6tフォークリフトで設置しました。事務所と更衣室等にこれから改造するようです。
 そして220tオールテレーンクレーンも順調に稼働中です。


 霧降高原にあるホテルでボイラーの入替作業でした。ホテル内の急こう配で狭い道も5軸のオールテレーンは切り返さずに前後のステアリングを駆使して余裕の入場です。


 そして数日後は鹿沼市内で煙突の解体作業。


 ブームを取付けて、狭い通路からゆっくりと入場してクレーンを設置します。そしてウエイトを取付けます。
 今回はフルウエイト使用なので分割された、2t+10t+11.5t+11.5t+12t+12t+12t=71tを順番に重ねて準備OK!
 廃校になった校舎の裏手にある煙突を解体します。フルブームにすると7段ブームで68m伸びますが、今回は6段ブームでの作業です。


 無事に撤去完了。この後は夜間に入場する現場へ直行のため夜まで待機。
 あっという間に9月が過ぎた感じです。

 おまけ~
 コンテナで野菜や果物を栽培しているお客様がオゾンでコロナウイルスの活性化を防ぐ装置を開発!
 地元紙に掲載されました。

«

ページトップへ